Vagrant + VirtualBox で開発者のための仮想環境構築

最近,vagrant という仮想環境構築のフロントエンドが話題に上がるのを見る.

Vagrantは、仮想環境の構築と制御を行うソフトウェアだ。あなたが今使っているそのコンピュータ内に、誰にも迷惑をかけずにいじり倒せる(壊したってかまわない)サーバマシンを生み出すことができる。その仮想サーバーマシンは、開発環境としても、Linuxソフトウェアやサーバー管理の学習や実験にも、自由に気兼ねなく使える。Vagrantによる仮想環境は、あなたの開発作業と学習・実験を大幅に加速する。

仮想マシンを実際に作り出すバックエンドは、VirtualBox(バーチャルボックス)を利用する。Vagrantは、他の仮想化バックエンド(Vagrantでは「プロバイダー」と呼ぶ)も幅広くサポートしている。だが、まずは「Vagrant + VirtualBox」の組み合わせから始めよう。

今すぐVagrantを始めよう

Vagrantでは、OSのインストーラを使って仮想マシンにOSをインストールするのではなく、あらかじめOSがインストールされたディスクイメージを使用して仮想マシンを作成する。VagrantではディスクイメージやVirtualBoxの設定ファイル、メタデータなどを「box」(複数形は「boxes」)という形式のファイルにまとめて取り扱う仕組みだ。

仮想環境構築ツール「Vagrant」で開発環境を仮想マシン上に自動作成する

らしい.(Naverまとめみたいな手抜きにはツッコまないww)
Mac にインストールするにはVagrant セットアップ (Mac)が分かりやすい.

  1. VirtualBox をインストールする
  2. Vagrant をインストールする
  3. VagrantBox.es で適当な box ファイルをダウンロードする
    $ vagrant box add {vm box name} {url}
  4. 仮想環境を保存するディレクトリで以下のコマンド
    $ cd {directory}
    $ vagrant init {vm box name}
  5. 仮想マシンを起動する
    $ vagrant up
  6. 仮想マシンに接続する
    $ vagrant ssh

3.4. の操作を自動化するのに,Vagrantfile を構成するやり方もある.(「今すぐVagrantを始めよう」の「Vagrantマシンを起動する」参照)

rootの初期パスワードは「vagrant」

Box をパッケージ化するには

vagrant halt
vagrant package --output {vm box name}.box

参考 http://tsunokawa.hatenablog.com/entry/2014/08/08/193527

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中