2次元イラストを3Dプリントするまで

明けましたおめでとうございました.

最近,巷では3Dプリンターなるものが流行ってますよね.

安価なものも出てきていて,新しい家電に仲間入りするのも秒読みみたいです.

しかし,やっぱりまだちょっと敷居が高い.

そんな人のために,3Dプリント代行サービスというのが,国内外問わず広がってきました.

以下に,簡単にまとめてみました.

  • DMM.com ビートたけしさんがCMで宣伝していることでお馴染み.
  • デジモジ トップページを彩る可愛いイラスト達.安価な価格
  • ツクルス 秋葉原にあるよう.3Dスキャンサービスもある.
  • インターカルチャー 光造形という透明度の高い素材がある.
  • GRAPHIC 3D PRINT イラレのデータで入稿できる.
  • IJET 最短24時間以内で発送.

しかしながら,これらの事業者さんを利用するためのハードルが依然高いように思われます.

CADなんか全く触ったことがないような人が,ギャラリーを見て,

こんなの作ってみたいな〜 とは思っても,その前に塞がる

「会員登録」「データ入稿」「メール見積り」などの障壁の数々.

更に,データ入稿する際にはモデルファイルのチェックソフト「MiniMagics」などでチェックしてくれと…

一転,目を海外に向けると,凄く簡単にモデルファイル作成からデータ見積もりまで出来ます.

僕は,今回手元にある,とあるイラストに厚みを与え,アクセサリーにしたいなと思い,3Dプリントまで漕ぎ着けましたので,その備忘録をば.

  1. 2Dイラストから3Dデータ(x3db)へ
    Shapeways なら,2階調化した画像ファイルをアップロードすることで,3Dデータ(x3db)に変換してくれます.
  2. x3dbデータからx3dデータへ
    InstantReality をダウンロードし,コマンドラインで aopt を動かし,引数を

    aopt -i foo.x3db -x foo.x3d

    のようにします.これでx3dデータに変換ができました.

  3. x3dデータからstlデータへ
    Meshlab をダウンロードし,変換した x3dデータ を読み込み,stlデータ で保存します.stlデータ は業界標準?のファイル形式なのでここまでくれば一安心です.
  4. stlデータ の編集
    Tinkercad はtwitterアカウントかfacebookアカウントがあれば,「ブラウザ上で」3Dモデリングができる素晴らしいサービスで,データのダウンロードも出来ますし,そのまま3Dプリント業者にデータを入稿することもできます.ここでは,i.materialise に入稿しました.
  5. データ入稿.材質を選択し,自動見積り
    i.materialise にて,材質を選びます.28\times 28\times 5{\rm [mm]} のアクセサリーを作ったのですが,シルバーで2万円近くしたので,厚みを1mm削ると,5000円近く安くすることが出来ました.
    ちなみに,i.materialise.co.jp は日本版サイトのようですが,見積り額は英語版に比べ,サイズと材質によるのでしょうが,僕の場合4300円も違うので,要注意です.(日本版の方が高い)

いざ発注しようと,住所を入力し,決済方法を選択すると…

今月,カードの使用限度額でした… 引き落としを確認したら,発注しようと思います.

広告

2次元イラストを3Dプリントするまで」への2件のフィードバック

  1. ご質問です。InstantRealityはインストして立ち上げたのですが、そこからがよくわからないのですが、詳しく教えて頂けますか?

    1. 遅くなってすみません.解決されたかもしれませんが,InstantRealityのサイトを以下に引用します.

      Offline Transcoding
      Download and install the InstantPlayer system. The package includes a command line tool called aopt(.exe) which we will use for conversion. Setup your shell-environment to find and include the binary. The usually paths are:

      Windows: C:\Program Files\Instant Player\bin\aopt.exe
      Mac: /Applications/Instant Player.app/Contents/MacOS/aopt
      Linux: /opt/instantReality/bin/aopt

      ご自身のOS環境にあわせて,実行するパスをお選びください.記事中ではMacを想定しています.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中