vimでgnuplotをコンパイルしてepsを表示

僕も作りました.僕のバージョンは

pltファイルを作って,quickrunを起動させると,pltファイルと同階層にepsが出力され,同時にPreviewで見る.

というスクリプトです.(Previewでeps見るとpdf変換とかされるけど気にしないスタンス)

僕は,.vim/macroというディレクトリの中に様々なシェルスクリプトを突っ込んでいて,ここにPathを通してます.(以前のLaTeXのスクリプトもここ.最近はcppも鎮座)

そして,今そこにplt用のシェルを追加するので,.vimrcには

let g:quickrun_config.gnuplot = { 'command' : 'makeplt' }

そして,肝心の./vim/macro/makepltには

#!/bin/sh
PLTNAME=$(basename $1)
DIR=$(dirname $1)
gnuplot<<EOF
cd "$DIR"
set terminal postscript eps enhanced color solid
set out "${PLTNAME%plt}eps"
load "$PLTNAME"
EOF
open $DIR/${PLTNAME%plt}eps

みたいな感じにして,実行権限与えます

chmod +x makeplt

すると,適当にaaa.pltという空のテキストファイルに

plot exp(-x*x)

と打って,quickrun起動したら,即座にepsがプレビューで見れます.∩(>◡<*)∩♡

身の回り

最近、mac userになってテキストエディタをmacvimに変えた。

vimでpltファイルをいじっているときに、コンパイルしてepsを表示できたら便利!ってことで設定を作ってみた。

以下がインストールされているとする。
quickrun(vim-script), gnuplot, gv

1. ファイルタイプを設定

拡張子.pltを持ったファイルをgnuplotファイルとして認識する。

2. 以下を.vimrcに追記

3. ついでにテンプレートを作っとく

以下を.vimrcに追記

参考
http://d.hatena.ne.jp/setoryohei/20070712/1184274341

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中