Electromagnetically induced transparency (EIT)

電磁透過現象 (EIT:Electromagnetically Induced Transparency) は光の速度制御技術の候補として注目されている.

EIT を初めて理論的に提案したのは,1986 年ロシアの ゴーリキー州立大学の教授 Khanin と院生の Kocharovskaya で,1991年スタンフォード大学の Harris らによって初めて EIT は実験で示された.

EIT とは閉じた 3 つの準位と 2 つの電磁場の相互作用による現象のこと.

lambdafig

(\Omega_p,\Omega_dはRabi振動数)

3 準位系に 2 つのコヒーレントなプローブ光とドライブ光を照射する.本来ならプローブ光を吸収するが,EIT 状態の系(Dark state)では量子干渉効果により吸収しなくなる.

eqpsi

励起準位|a\rangleの係数がゼロであることから,励起準位からの蛍光は観測できない.

また,量子干渉効果を示す媒質においては吸収係数のみならず,屈折率分散もきわめて大きいので,群速度の低下も見込める.実験では8m/sまで光の群速度を低速化できたという報告もある.(10.1103/PhysRevLett.83.1767)

これが光メモリーの礎となる日は来るのか分からないが,光コンピュータ,

更に,量子ビット,重ねあわせ状態の実現,量子コンピュータの実現に繋がれば,と思う.

そして,僕は量子光学の研究から一歩引き,解析的な数学の研究に移ることとした.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中