Xubuntuインストールした

以前から憧れていたXubuntu(ズブンツ)をインストールした.
XubuntuというのはUbuntu派生のLinuxディストリビューションで,軽量なのが特徴.
久々にUbuntuの環境構築をして,いろいろ忘れていたこととかXubuntuの使用感とかを書いてみる.

Xubuntuを公式サイトから,ダウンロードする.

XubuntuはUbuntuのように日本語ローカライズされていないので,日本語の情報は少ない.Ubuntuよりも少し玄人向けといったところか.その分,高速動作と安定性を両立していると言えよう.
Ubuntuのカラートーンはオレンジとブラックだが,Xubuntuは全体的に青いのが特徴.Cool!!

インストールは指示に従っていけば無事終了したので割愛.

Xubuntuの日本語ローカライズがどれほど不便なのだろうかと不安だったけど,メニューのいくつかの項目が英語なぐらいで特に支障はない.まあ,気持ち悪さはあるが.
一応,Ubuntu Japanese Team が作ったubuntu-desktop-ja をインストールしたければ次のようにする.メニューを起動してSynapticパッケージ・マネージャを起動. “ubuntu-desktop-ja”を検索してインストール.

インプットメソッドはMozcを選択.
Ubuntuソフトウェアセンターで”Mozc”を検索ワードに放り込んで,出てきたパッケージをインストール.
そして,iBusの設定でインプットメソッドにMozcを追加すれば,Mozcが使えるようになる.
Mozcのプロパティにアクセスするには,ターミナルを起動して

/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog

と打ち込めば,GUIの設定画面が開く.めでたし.

次は,CtrlとCapsLockの入れ替えだ.
Aの左隣がCtrlであることに慣れているので,この入れ替えは不可欠.加えて,今の俺のDellマシンは左下のCtrlが壊れているので,これがないと右Ctrlしか使えないという悲惨な状況.
まず,スタートメニューから設定→”xfce4設定マネージャ”
“セッションと起動”の”自動起動アプリケーション”に,次を追加.

名前 : “swap ctrl capslock”
説明 : “CtrlとCapsLockを入れ替える”
コマンド : “xmodmap /home/(あなたのユーザ名)/.Xmodmap”

/home/(あなたのユーザ名)/.Xmodmapに,下記を書いて保存.

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

で,再起動.終わり.

あと,UbuntuのCompizが俺は大好きなので,Xubuntu+Compizをしようと思った.(折角の軽量性が台無しだろ,とか言わない)
インストールするのは,次の三つ.
“Compiz Fusion アイコン”, “Emerald Theme Manager”, “デスクトップ効果の詳細設定(ccsm)”
インストールしたら,メニュー→システム→Compiz Fusion Icon を起動.
次に,右上のFusionを右クリックして現れるメニューで,”Select Window Decorator”→”Emerald”を選択.
そして,端末で

compiz

と入力.画面がバシバシッと変わって,compizが起動する.

MacOSXのExposeのパクリである”スケール”とか,ワークスペースの切り替えをキューブのように行う”キューブ”の設定は,compizで行う.
Fusionのメニューで,”Setting Manager”からcompizの設定に入る.
俺のオススメは,
アプリケーション・スイッチャーにチェック.これでAlt+Tabでタスク切り替えができる.
デスクトップ・キューブにチェック.
キューブの回転→割り当て→キューブの回転で
“左に回転” をキーボードで “Ctrl+Left”
“右に回転” をキーボードで “Ctrl+Right”
スケールで “ウィンドウピッカー起動” をキーボードで “Ctrl+Up”
“すべてのウィンドウ対象のウィンドウピッカー起動” をキーボードで “Ctrl+Down”
一般オプション→デスクトップサイズ で 水平仮想サイズを 3 に.
これで,Ctrl+ 矢印キー上下左右でいつでも全てのワークスペースに容易にアクセス可能になる.

Emeraldはタイトルバーを変更するのに主に使う.Fusion から Emerald Theme Manager でEmeraldの設定に入れる.
テーマの設定→テーマの編集 で フレームのエンジンを “truglass” が個人的に好き.

というわけで,一通り外観や操作感は使えるようになった.めでたし.

—–追記—–

ディスプレイの明るさが眩しかったので調節した.
compizの”CompizConfig設定マネージャ”で
“明度”タブで,”新規”→ウィンドウに”any” ウインドウの値で,好きな数字を.0で真っ暗.100で最高に明るい.
最後に,”不透明度・明度・彩度”を有効に.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中